• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

職員紹介

 >> 職員紹介

神谷 美どり先生(かみや みどり)女性

神谷 美どり先生インタビューアー(以下「イ」):
神谷 美どり先生(以下「神」):
イ: 授業後でお疲れのところありがとうございます。
神:いえ、よろしくお願い致します。
イ:先生は大ベテランでいらっしゃいますが、何年ぐらい教師をされていますか。
神:そんなにベテランじゃありませんよ。4年ぐらいになります。
イ:4年ですか?10年ぐらいはされていると思っていました。教師になられたきっかけは何ですか。
神:ライオンズクラブの関係で、毎年ホームステイを受け入れていたんですが、父が亡くなり、異文化に触れる機会もなくなった時、近くのボランティア教室に参加したのをきっかけに、養成講座に通い始めました。
イ:ホームステイはどちらの国の方たちだったのですか。
神:台湾、フィンランド、スウェーデンなどいろいろな国の方たちを受け入れていました。
イ:いろいろな文化に触れられて楽しそうですね。養成講座はどうでしたか。
神:勉強は大変でしたが、久しぶりの勉強は楽しかったです。
イ:何人ぐらい受講生はいらっしゃったのですか。
神:60人ぐらいいました。ほとんどの受講生が就職しました。
イ:60人は多いですね。じゃ、先生もすぐ就職されたんですね。
神:修了後は、実践を勉強したかったので、南山大学のエクステンションで少し勉強した後に、
YMCAで半年間教えました。
イ:授業はどうでしたか。
神:教え方よりも、自分の語彙コントロールが難しくて、大変でした。
イ:大変だったら、すぐ辞めようとは思わなかったんですか。
神:辞めることよりも、きちんと聞いてくれる学生のために、満足できる授業をしたいと思いました。
  教えながら得るものがたくさんありました。
イ:ECCはどうですか。
神:学生たちは熱心で、講師の先生方も相談しやすくて、働きやすいです。
イ:そうですか。先生は学生からの信頼もとても厚く、いつもエネルギッシュですね。そのパワーは
  どこから来るんですか。
神:そんなにパワフルじゃないと思いますが、学生の「わかった!」という満足している顔をみたいといつも思って授業をしています。
イ:その気持ちが学生たちに伝わり、信頼を得られるんですね。これからも、そのパワーで学生たちを指導していってください。どうもありがとうございました。