• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

生徒インタビュー

 >> 生徒インタビュー

朴 智顯(パク チヒョンさん)韓国|男性

朴 智顯新入生インタビュー

今回は新入生のパク・チヒョンさん(韓国出身)にインタビューをしてみました。(写真右)

Q: パクさんはどうして日本語を勉強しようと思ったのですか?
韓国で働いていた会社では、半導体を作っていました。韓国は半導体の生産高が世界1位なんです。でも、その半導体を作る機械は日本製が1番いいんです。どれだけ韓国がいい半導体を作ることができても、日本の機械無しでは作れない。だから、日本の機械を韓国の会社に紹介していきたいと思いました。でも、機械は日本製だからもちろん説明はすべて日本語なので、日本製の機械を使っていくには日本語が必要だと感じ、日本語を学びたいと思いました。

それと、妻が韓国で英語塾をやっているのですが、そこの教室の一部で日本語学院も開きたいなと思い始めました。今はこっちの気持ちの方が強いかもしれません(笑)

Q: 日本の生活はどうですか?
東京は複雑だと聞いたし、大阪は遊ぶところが多いと聞いたので、意図的に名古屋を選びましたがとても住み心地がいいです。うるさくもないし。

Q: 日本に住んでみて、何か韓国との違いはありましたか?
日本は1人でやる文化が多いですよね。特にご飯を食べる時、1人でも食べるじゃないですか。
韓国は違います。韓国は“一緒に”という文化が強いので、ご飯を1人で食べることもありませんし。韓国人は1人でご飯は食べられません(笑)
あ、それと公共交通機関がとても便利なところも韓国と違います。韓国は交通がとても混雑しているし複雑ですが、名古屋はそんなこともないので、公共交通機関があればどこへでも行ける気がします。

Q: では最後にパクさんの夢は何ですか?
初めにもいいましたが、日本の機械を紹介することと、やはり日本語の塾をやってみたいですね。
日本語の先生を雇って、はじめは小さくてもいいから、日本語学校を開けたらいいなぁと思っています。


パクさんが日本での生活を楽しんでいるようで安心しました♪
自らの経験を経て夢を抱き、またそれに向かって行く意志の強さを、このインタビューを通して感じました。
これから勉強が難しくなっていくかもしれませんが、その気持ちを忘れず、素敵な夢に向かって頑張っていってほしいと思います!!
パクさん、素敵なインタビューをありがとうございました

生徒インタビュー