• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

生徒インタビュー

 >> 生徒インタビュー

益子 チアゴ アキオさん(マスコ チアゴ アキオさん)ブラジル|男性

益子 チアゴ アキオさんECCの短期大学併修プログラム  
(愛知産業大学短期大学部 国際コミュニケーション学科)
益子 チアゴ アキオさん

2014年4月から短期大学併修プログラムが始まりました。
このコースは、ECCで日本語を学びながら、愛知産業大学短期大学国際コミュニケーション学科の通信課程を受講し、単位が取得できるコースです。修了時には、短期大学の卒業資格が与えられ、大学3年次に編入することも可能です。

今日は、短期大学併修コースの学生、第一号 ブラジル国籍の益子チアゴアキオさんにインタビューをしました。
( 以下 イ:インタビュアー   チ:チアゴさん)

イ:チアゴさんは、もう10年ぐらい日本に住んでいらっしゃるとのことですが、
ECCで日本語を勉強しようと思ったきっかけはなんですか。
チ:もっと勉強をしてキャリアアップしたい、そのためにも資格が必要だと思い、
  日本語学校に通うことを決めました。
イ:今でも日本語でのコミュニケーションに問題はないように感じますが、やっぱり
  授業は難しいですか。
チ:そうですね。特に漢字は今まであまり勉強したことがなかったのでとても大変です。
  予習復習に毎日5時間ぐらいかかります。
イ:それに短大の勉強もしていますね。どんな勉強をしていますか。
チ:英語や文化、ビジネス、心理学など興味のある教科を選んで勉強することができます。
イ:どうやって勉強をすすめるんですか。
チ: 英会話やスポーツはスクーリングに参加しました。他にはEラーニングの授業が多く、
  ネットを使って先生に質問したり、テストをしたりします。
イ:レポートも書きますか。
チ:はい。本を読んでレポートを出さなくてはいけない科目もあります。
イ:漢字や難しい言葉もたくさんありますよね。
チ:はい、嫁さんがよく手伝ってくれます((笑)。
イ:いいですね。奥様は日本の方ですね。
チ:はい。今年の1月に結婚しました。
イ:そうですか。じゃ、頑張らないといけないですね。
チ:はい、そうですね。(笑)
イ:ECCでは短大コースにどのようなサポートがありますか。
チ:担当の鈴木淑子先生が進度をチェックしたり、レポートを見たりしてくださいます。
イ:そうですか。二つのコースを一緒に勉強するのはどうですか。
チ:正直、今はまだバランスが難しいです。
平日は日本語の勉強が忙しいので、週末に短大の勉強をしています。
休みの日には、スポーツをしたり友達と遊んだりしますが、今はあまり時間がありません。
イ:そうですか。日本語を使って教科の勉強をするのは本当に大変だと思います。
将来はどんな目標がありますか。
チ:スポーツやファッション関係のビジネスをしたいと思っています。キックボクシングをしているのでスポーツのトレーナーにも興味があります。今はまだ考えていますが、
  家族のためにがんばりたいです。
イ:がんばってください。今日はどうもありがとうございました。

10年前に日本に来たときは、ほとんど日本語が分からなかったというチアゴさん。
とても自然な日本語で質問に答えてくれました。
ここでの努力が夢の実現につながるように、スタッフ一同応援しています

生徒インタビュー