• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

生徒インタビュー

 >> 生徒インタビュー

陶 瑩さん、邵 冰さん(とう えい、しょう ひょう)中国|女性

陶  瑩さん、邵 冰さん(二人共に家族滞在ビザ 2009/10/13~2010/12/24修了)
(イ=インタビューアー 陶=陶さん 邵=邵さん)

イ:どこでアルバイトをしていますか。
陶、邵:金山のスギ薬局でしています。
イ:いつから働いていますか。
陶:2010年3月から働いています。
邵:私は陶さんに紹介してもらって2010の8月から働いています。
イ:陶さんはどうやってアルバイトを見つけましたか。
陶:私の住んでいるところはスギ薬局の近くなので、スギ薬局でアルバイト募集の広告を見て、店長に直接話しました。アルバイトを探し始めた時はぜんぜん日本語が出来なかったので、電話より直接話すほうが良いと思いました。その後試験があり、採用されました。
イ:そうですか、陶さんはスギ薬局金山店で初めての中国人のスタッフだそうですね。試験はどんな内容でしたか?
陶:簡単な計算問題と、面接です。面接は40分くらいありました。
邵:面接では面接官に与える印象が大切だと思います。あとは、日本語の能力よりもやる気を強調してアピールすることが重要だと思います。
イ:なるほど~二人の気持ちが店長さんに伝わったのですね。薬局でのアルバイトは沢山の商品があって大変だと思いますが、どうですか?
陶:始めの頃は品出し作業をし、半月くらい経ってから、レジ操作の勉強をし始めました。間違えてばかりで店長さんやスタッフに迷惑をかけてしてしまいました。でも皆さんのお陰で、一ヶ月ほどで大体の仕事に慣れました。
邵:日本人のお客様に商品を案内する際はとても難しいです。分らない時はスタッフに聞きます。中国人のツアーのお客様が来られるときは、中国語で商品の案内をしたり、お客様の要望を聞きます。
イ:二人とも頼もしいですね~!接客している姿もとても素敵です。では最後にメッセージをお願いします。
陶: アルバイトは覚えた日本語を実践できる場だと思います。発音や話し言葉や敬語、方言も知らない間に身につくと思います。
邵:日本の習慣や接客も勉強できます。アルバイトを探す時は、自信を持って、「精一杯頑張ります」という意欲を店の方に伝えることが一番大切ですよ!
(写真右:陶さん 左:邵さん)

生徒インタビュー