• 日本語
  • 中国语
  • 中國語
  • 한국어
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内・入学案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

生徒インタビュー

 >> 生徒インタビュー

トーマス・ピーターバレットイギリス|男性

トーマス・ピーターバレット2007.10~短期生
インタビューアー(以下「イ」):こんにちは。
トーマス・ピーターバレット(以下「ト」):こんにちは。
イ: トーマスさんの出身はどこですか。
ト:イギリスのバースです。ロンドンの西にあって、電車で1時間ぐらいのところです。
イ:ロンドンに近いんですね。何歳から日本語を勉強しているんですか。
ト:14歳から勉強しています。初めは、母の知り合いの日本人に教えてもらいました
が、途中から日本育ちのイギリス人に教えてもらいました。
イ: プライベートレッスンだったんですね。日本語学校とかはなかったんですか。
ト: はい、学校はなかったです。1週間に1~2回、会話だけでなく、読んだり書いた
り全て勉強していました。
イ:そうですか。日本語を勉強しても普段それを使う機会はあったんですか。
ト: 残念ながら、全然ありませんでした。ですから、インターネットで日本文化のサ
イトをみたり、TVドラマをみたりしていました。
イ: なるほど。話す機会がなくても、こんなに上手になることができるんですね。
ト: ありがとうございます。でも、まだまだです。
イ:日本へ来るのは、3回目ですよね。初めて来たのはいつですか。
ト: 高校1年のときです。広島にいる先生の知り合いの家に、2週間ホームステイをしました。
イ:初めての日本はどうでしたか。
ト: いろいろなことにびっくりしました。まず、高層ビルがたくさんあって、未来都市のように感じました。イギリスの風景とは全く違っていました。後は、トイレも
 シャワーがついていたりと驚きました。ラーメンもイギリスで食べたものよりずっとおいしかったです。
イ: 確かにヨーロッパの風景とは全然ちがいますよね。2回目はいつですか。
ト:去年の夏に北海道へ行きました。本州とは全然違う雰囲気で、人ものんびりしていて、すごくよかったです。
イ:北海道は旅行ですか。
ト:いいえ、日本語能力試験の2級のために学校で勉強していました。
イ:合格しましたか。
ト:はい、おかげさまで合格しました。
イ:そして10月からECCで勉強していますね。能力試験1級のためですか。
ト:それもありますが、4月から名古屋にある大学で勉強したいと思っているので、
  名古屋に来ました。ECCはインターネットで調べて決めました。
イ:日本の大学でどんなことを勉強したいんですか。
ト:将来、政府機関で通訳として働きたいと思っています。そのためには、言葉だけではなく、文化的な背景や社会情勢も学べる学部を選びました。
イ:出願準備はすすんでいますか。
ト:進学担当の先生と相談しながら進めているので、大丈夫です。
イ:能力試験と大学試験と大変だと思いますが、頑張ってください。
ト:はい。どちらも合格できるように頑張ります!

生徒インタビュー