• 日本語
  • 中国?
  • 中國語
  • ???
  • English
  • tiêng Viêt
  • TOP
  • ECC日本語学院について
  • コース案内
  • 進路・実績
  • Q&A
  • アクセス

短期大学併修プログラム

 >> コース案内・入学案内 >> 短期大学併修プログラム

短期大学併修プログラム

ECCで日本語を学びながら、
短期大学の授業を通信で学習
⇒ ⇒ ⇒ ECCでの学習終了と同時に
短期大学卒業資格取得

日本入国後4年間で大学卒業を可能にする

短期大学併修プログラム(愛知産業大学短期大学部・国際コミュニケーション学科)

日本語学院で2年間日本語を学びながら、短期大学の学習を併行して行います。
短期大学の学習は、日本語学院の学生が無理なく学べるカリキュラムになっており、日本語学院での日本語学習も一部単位として認められます。また、日本語学院の先生が、短期大学の学習をサポートします。日本語学院を卒業するときには、短期大学の卒業資格が取得できます。その後、愛知産業大学などの日本の大学の3年次に編入することが出来ます。

日本での大学卒業までの時間が4年間に短縮 ⇒ ⇒ ⇒ 大学卒業までの必要費用も安くなります
ECC日本語学院での学習
短期大学通信教育 併行学習
(2年間)
短期大学卒業
<短期大学士>
大学3年次編入
(2年間)
大学卒業

短期大学併修 Q&A

入学の資格は?
○ 留学ビザでECCに入学する学生
○ 日本に住んでいる方で、ECC日本語学院で2年間日本語を学ぶ学生。ただし、母国で12年の課程を修了している方です。
卒業時(2年後)に得られるものは?
○ ECC日本語学院名古屋校上級レベルの修了証
○ 短期大学卒業・短期大学士取得(大学3年次編入必要単位62単位取得)
短期大学(国際コミュニケーション学科)の学習はどのような内容ですか?

○ ECC日本語学院での日本語学習が一部単位として認められます。その他は、一般教養科目として、幅広い科目を学習します。

学習科目 例) 英会話、国際関係論、哲学、比較文化論、国際コミュニケーション論、現代中国文化事情、国際ビジネス、経営学、など
短期大学の通信学習とは、どんなふうに勉強するのですか?

○ 自分で教科書を読んで、レポートを作成し、提出します。レポートが合格であれば、その後、試験を受けます。科目によっては、スクーリングに参加するものもあります。スクーリングは、土曜日や日曜日に他に通信で学んでいる学生と一緒に集まって授業を受けるものです。計画通りに学習すれば2年で短期大学の卒業資格を得ることが出来ます。
○ ECCの先生と相談をして計画を立てて勉強します。勉強は、日本語の授業のない午前、もしくは午後に、ECCの自習室で行います。ECCの先生がわからないところを教えますから心配しないでください。

1日のスケジュール例

  10:00 12:00 13:30 16:45 20:00 23:00
平日 自宅・学校で
短期大学の通信学習
昼食
登校
日本語の
授業受講
帰宅・夕食 日本語学院の
自宅学習
就寝
  10:00 11:00 19:00 20:00 23:00
休日 朝食 アルバイト 帰宅
夕食
日本語学院の
自宅学習
就寝
併修のメリットは?
○ 日本に来て、4年間で大学を卒業することが出来ます。
○ 日本で大学在学のためにかかる費用が少なくなります。大学卒業までで、150万の節約になります。(大学によって差があります。)
どんな大学に編入できるの?

愛知産業大学 に編入するのが一番スムーズです。
○ 他にも編入できる大学はありますので、先生と相談して決めます。

愛知産業大学・短期大学通信教育部 〒444-0005 愛知県岡崎市岡町原山12-5
http://www.asu-tsukyo.jp/

短期大学併修費用( ECC日本語学院の学費 に加えて必要です。)

1年次 195,930円
2年次 165,800円

※テキスト代別
併修費用は日本語学院の学費にあわせてお支払い下さい。

☆ このプログラムは、4月入学のみの適用になります。