ECC日本語学院 名古屋校

052-678-3144 受付/月~金  10:00~18:00(日・祝除く)

大学院進学・短期大学併修

  1. HOME
  2. 大学院進学・短期大学併修

大学院進学特別授業

母国で大学を卒業した方が、ECC日本語学院で日本語を学びながら日本の大学院進学を目指すための特別授業です。
上級のクラスで日本語を学びながら、週に一度大学院進学のための特別授業を受けます。その他、随時学生ひとりひとりに個別指導も行い、大学院進学に向けて全面的にサポートします!

対象となる者

・母国で4年制大学を卒業した者(要 学士号)
・日本語能力試験N2以上取得者(または同等の能力を有し、ECC日本語学院で上級クラスに在籍する者)

期間

(1)2013年 4月  特別授業受講開始 → 2014年 4月  大学院入学
(2)2013年 10月 特別授業受講開始 → 2014年 10月 大学院入学

授業内容

(1)上級クラスで、大学院での研究活動に必要な日本語の力をつけます。
(2)日本語能力試験が実施される学期には、日本語能力試験対策の授業を受講します。さらに上のレベル級の合格、一点でも高い点数での合格で、大学院進学の準備をします。
(3)研究テーマの決定、志望校選びから、教授との連絡方法、研究計画書の作成指導、面接指導などを特別クラスで指導します。その他、進学担当者が各学生ひとりひとりに個別の指導を随時きめ細かく行います。

大学院進学選択カリキュラム参加方法

ECC日本語学院入学申請時に<対象となる方>の対象条件を満たしている YES 出願時に「学習の理由」にその旨をご記入いただき、内容を証明できる資料を提出してください。入学と同時に大学院進学特別授業をうけることができます。
NO ECC入学後、進学説明会において大学院進学特別授業参加を募集します。入学後に対象条件に達した場合は、その時点で参加することができます。

大学院(研究生含む)進学実績

国公立学大学大院 東京大学大学院/神戸大学/横浜国立大学大学院/一橋大学大学院/名古屋大学大学院/名古屋工業大学大学院/名古屋市立大学大学院/愛知県立大学大学院
私立大学大学院 豊田工業大学大学院/愛知大学大学院/名城大学大学院/中部大学大学院/淑徳大学大学院/愛知学院大学大学院/名古屋芸術大学大学院/名古屋経済大学大学院/名古屋産業大学大学院/関西大学大学院/岐阜経済大学大学院/名古屋音楽大学大学院 など。

進路担当講師からのメッセージ

大学・大学院進学を目指す皆さん

ECC日本語学院名古屋校で進学指導を担当している加藤文と申します。

私は、大学で日本語教育の基礎を学習後、大学院でさらに専門的に学びました。そこで身につけた多くの知識と、そこで出会った専門家の方々は、私のその後の進路に大きな影響を与えてくれました。卒業後は、日本語学校やその他の教育機関で、進学を目指す学生、海外技術研修生、日本の会社で働く方々など、様々な目的を持つ方への日本語教育に携わりました。また、昨年は本を出版する機会にも恵まれ、日本語を勉強する方々向けに、2冊の問題集を執筆しました(『どんどん使える!日本語文型トレーニング 初級・中級』凡人社)。

私は、日本という外国でそれぞれの目標に向かって努力されている方々に、いつも尊敬の気持ちを持っています。私自身も大学在学中に韓国に1年間留学しました。外国で生活することの大変さ、時に感じるストレス、不安などは、私にもよくわかります。大学・大学院に進学するという、母国でも経験のないことへの挑戦となれば、不安はさらに大きいことでしょう。進学指導をする際には、その不安をひとつひとつとりのぞき、万全の準備をして入学試験に臨めるよう、できる限りのサポートを心掛けています。日本の大学はどんなところか、どのような準備が必要か、どんな小さなことでも聞いてほしいと思います。大学院についてももちろん、自身の経験を踏まえ、研究科の探し方や研究計画書の書き方などから指導していきます。

ECC日本語学院では、日々の授業での日本語のスキルアップだけでなく、進学のための説明会やカウンセリング、個別面談や面接練習などを通して、希望に合った大学を探すところから、実際の試験に合わせた対策まで、ひとつずつ着実に入学試験の準備をしていくことができます。「進学」は、大学に合格することがゴールではなく、そこがスタートです。皆さんが輝かしい未来に向かっていくため、その最初の一歩を踏み出すためのサポートを、私たちは全力でしていきます。

短期大学併修プログラム

  • ECCで日本語を学びながら、
    短期大学の授業を通信で学習
  • ECCでの学習終了と同時に
    短期大学卒業資格取得
日本入国後4年間で大学卒業を可能にする

短期大学併修プログラム(愛知産業大学短期大学部・国際コミュニケーション学科)

日本語学院で2年間日本語を学びながら、短期大学の学習を併行して行います。
短期大学の学習は、日本語学院の学生が無理なく学べるカリキュラムになっており、日本語学院での日本語学習も一部単位として認められます。また、日本語学院の先生が、短期大学の学習をサポートします。日本語学院を卒業するときには、短期大学の卒業資格が取得できます。その後、愛知産業大学などの日本の大学の3年次に編入することが出来ます。
  • 日本での大学卒業までの時間が4年間に短縮
  • 大学卒業までの必要費用も安くなります

短期大学併修 Q&A

  • 入学の資格は?

    ・留学ビザでECCに入学する学生
    ・日本に住んでいる方で、ECC日本語学院で2年間日本語を学ぶ学生。ただし、母国で12年の課程を修了している方です。
  • 卒業時(2年後)に得られるものは?

    ・ECC日本語学院名古屋校上級レベルの修了証
    ・短期大学卒業・短期大学士取得(大学3年次編入必要単位62単位取得)
  • 短期大学(国際コミュニケーション学科)の学習はどのような内容ですか?

    ・ECC日本語学院での日本語学習が一部単位として認められます。その他は、一般教養科目として、幅広い科目を学習します。
    学習科目 例) 英会話、国際関係論、哲学、比較文化論、国際コミュニケーション論、現代中国文化事情、国際ビジネス、経営学、など
  • 短期大学の通信学習とは、どんなふうに勉強するのですか?

    ・自分で教科書を読んで、レポートを作成し、提出します。レポートが合格であれば、その後、試験を受けます。科目によっては、スクーリングに参加するものもあります。スクーリングは、土曜日や日曜日に他に通信で学んでいる学生と一緒に集まって授業を受けるものです。計画通りに学習すれば2年で短期大学の卒業資格を得ることが出来ます。
    ・ECCの先生と相談をして計画を立てて勉強します。勉強は、日本語の授業のない午前、もしくは午後に、ECCの自習室で行います。ECCの先生がわからないところを教えますから心配しないでください。

1日のスケジュール例

  • <平日>

    平日

  • <休日>

    休日

  • 併修のメリットは?

    ・日本に来て、4年間で大学を卒業することが出来ます。
    ・日本で大学在学のためにかかる費用が少なくなります。大学卒業までで、150万の節約になり ます。(大学によって差があります。)
  • どんな大学に編入できるの?

    愛知産業大学に編入するのが一番スムーズです。
    ・他にも編入できる大学はありますので、先生と相談して決めます。
    愛知産業大学・短期大学通信教育部 〒444-0005 愛知県岡崎市岡町原山12-5
    http://www.asu-tsukyo.jp/
  • 短期大学の通信学習とは、どんなふうに勉強するのですか?

    ・自分で教科書を読んで、レポートを作成し、提出します。レポートが合格であれば、その後、試験を受けます。科目によっては、スクーリングに参加するものもあります。スクーリングは、土曜日や日曜日に他に通信で学んでいる学生と一緒に集まって授業を受けるものです。計画通りに学習すれば2年で短期大学の卒業資格を得ることが出来ます。
    ・ECCの先生と相談をして計画を立てて勉強します。勉強は、日本語の授業のない午前、もしくは午後に、ECCの自習室で行います。ECCの先生がわからないところを教えますから心配しないでください。

短期大学併修費用(ECC日本語学院の学費 に加えて必要です。)

1年次 195,930円
2年次 165,800円
※テキスト代別
併修費用は日本語学院の学費にあわせてお支払い下さい。

☆このプログラムは、4月入学のみの適用になります。
  • 資料請求でディズニーキャラクターECCオリジナル壁紙プレゼント!
  • 留学生活
  • 宿舎紹介
  • よくあるご質問
  • 日本語教師養成講座